肌が白い女性は、美しい。

徹底してケアする

水をかぶる女性

美白成分を内側から摂取する方法

美白肌を目指したいという人は、徹底的にスキンケアを行なう必要があります。特に、紫外線対策は一番力を入れて行なわないといけません。スキンケアを行なう方法は、肌質に合わせた基礎化粧品を利用すること、美白成分が豊富に含まれている製品を選ぶこと、皮膚の角質層にあるメラニン色素の沈着を除去できるようにすることなどといったことになります。人間の肌質には、大きく分けて四種類あります。それは、乾燥肌、脂性肌、混合肌、敏感肌です。乾燥肌は、水分が不足していることで肌のトラブルを起こしやすくなっています。ですから、基礎化粧品を選ぶ時は美白成分と共に潤いを与えられる成分が配合されているものがいいでしょう。脂性肌は、皮脂分泌が過剰になっているので顔のテカリやニキビが発生しやすくなっています。利用する基礎化粧品は、皮脂分泌を抑える成分やピーリング効果のある製品を利用して肌のターンオーバーを整える必要があります。混合肌は、乾燥している部分と皮脂の多い部分に分かれますので、調整作用のある成分を肌に含むようにします。そして、敏感肌は一番厄介な肌質となります。敏感肌で美白を目指す場合は、皮膚に栄養を与える成分と細胞の働きを活発にできる成分を積極的に摂取しましょう。そうすれば、肌質改善と同時に美白肌を目指せます。

美白点滴の効果と副作用

メラニン色素の沈着を除去する方法は、美白成分を摂ることです。しかし、だからといって積極的に摂取したとしても間違った方法では効果を期待できません。ですから、正しい方法を知った上で肌の状態を整えるようにしたほうがいいでしょう。

エステや美容外科で行われる美白ケアには様々な方法があります。代表的なものとしてシミ改善に効果のあるハイドロキノンを配合したクリームが用いられます。もう一つは、ケミカルピーリングです。フルーツ酸やサルチル酸などを用いて皮膚の表皮を剥がし、新しい皮膚の再生を促すことでシミの改善を目指す方法です。前述のものよりマイルドな成分として注目されているのが、和漢植物エキスです。メラニンの生成を抑える効果があるユキノシタエキスなどが代表的なものとして挙げられます。クリームやパックとして、エステで用いられています。このように、美白化粧品を利用するほか、美白成分を内服薬や注射で摂取するといった美容外科的な方法もあります。

この施術の一つに、美白点滴があります。顔だけでなく、全身の肌への効果が期待できる方法の一つですが、副作用の心配があります。美白点滴では、ビタミンC、L-しステイン、トラネキサム酸、プラセンタエキスなどの成分が用いられます。この美白点滴は、成分が直接血管から取り入れられ、全身に行き渡るので、確実で即効性の高い方法であるといえます。施術時間は1回20分程度で、費用は3,000円〜10,000円程度で受けることができます。副作用としては、ごくまれに発疹、頭痛、腹部の不快感、アナフィラキシー症状がおこる場合があります。また、心臓疾患、高血圧などの疾患がある方は受けることができないので、事前によく確認をすることが必要です。どのような治療やエステも薬品や化粧品を使う以上、副作用のリスクはあります。施術の際には十分にリサーチし、疑問点は確認するようにしたほうがよいでしょう。